愛知県愛知郡東郷町清水の小さなケーキ屋さんBébé(べべ)。素材へのこだわりが半端じゃない!名古屋では稀有な本格フランス菓子のお店。



洋酒の香る大人の至福のケーキ

タルト・オ・パンプルムース(ルビーグレープフルーツとピスタチオのタルト)

最近の傾向として、ケーキは甘さ控えめなものが多いように思います。その中でべべさんのケーキを、甘いと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

そこで思い出したのが、本場フランスのお菓子は甘いということ。以前フランス在中していた方に、フランスでは甘くなければお菓子じゃないと、そう聞いたことがあります。

不思議なことに、甘いケーキはあまり好まない方なのですが、ベベさんのケーキは、その甘さがしつこくないのです。洋酒の豊かな香りと素材の味、そして甘味がすごく美味しいと感じる、このバランスが絶妙。ケーキを食べて太るなら、ここのケーキにしたいと思うほど。

クレーム・ランヴェルセ(プリン)

エクレールカラメル(エクレア)

このエクレアは、今まで食べことのない味!複雑な味と香りに、魅了された常連さんも多いとのこと。ぜひ賞味していただきたい絶品のひとつです。

材料のこだわりが半端ない。

例えばフィナンシェ、どのケーキ屋さんでも大抵あるものですが、今まで食べたなかで一番美味しいと思う。裏側に貼られたラベルを見ると、原材料名の欄に、地養卵、有機砂糖、発酵バター、アーモンド粉末(スペイン産)、小麦粉(フランス産)、天然バニラエッセンス(フランス産)とあります。

ネットで見つけた代官山にあるフランス洋菓子店イル・プルー・シュル・ラ・セーヌのパティシエ弓田亨シェフの言葉に、「フランスでは生クリームでも卵でも粉でも、ほぼすべてが日本のものとは全く比較にならないほど味わいが豊かで深いおいしさがあります。」とありました。

ケーキ好きの一般人としては、そんな違うの?知らなんだわ~とちょっと驚くことしばし。なんだか食べ比べてみたい気もしてくるのです。そして、なるほどベベさんの半端ではない材料へのこだわりは、このオンリーワンの美味しさを生み出している一因なのね、と妙に納得してしまう。

名古屋でも外れにある小さなケーキ屋さんベベ。全てのケーキを制覇したくなる魅力たっぷりのお店でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

まちよ

絵描き、日本美術院・研究会員。幼い頃から動物、植物、昆虫など小さく可憐な生き物が大好き。日々の暮らしをクロッキーや水彩で綴ってます。私の作品を集めた公式WEBサイトもご覧ください。