長野県大桑村に、阿寺(あてら)渓谷はあります。まるで青い宝石のようなその川の流れは、いつの頃からか、アテラ・ブルーと呼ばれていて、秋、紅葉とのコラボで天然の極彩色世界となります。



極彩色の世界を歩く。

長野県大桑村観光サイトの紅葉情報をもとに、2016年11月3日に訪れました。今年は、色づくのが遅めのようです。

阿寺渓谷、紅葉 阿寺渓谷、紅葉 阿寺渓谷、紅葉

クリムゾン、カーマインレッド、バーミリオン、イエローオーカー、レモンイエロー、ビリジアン、オリーブグリーン。様々な木々の、色の変化が美しい。アテラ・ブルーと呼ばれる独特の緑味の青とのコラボで色彩の渦です。

阿寺渓谷、紅葉 阿寺渓谷、紅葉 阿寺渓谷、紅葉

雑木の庭で人気の、コハウチワカエデ、赤い紅葉が鮮やか。すっとした立ち姿が美人です。赤い紅葉では他に、マルバノキやアカヤシオ。黄色ではシロモジなどを見かけました。

アテラ・ブルーに吸い込まれる。

アテラ・ブルーと呼ばれる青は、エメラルドだったり、ターコイズだったり、光や深さ、川底の石の色によっても変化するようです。半端じゃない透明度が、全く深さを感じさせません。

阿寺渓谷、紅葉

水というよりも、青いゼリーのよう、スプーンですくって食べたい衝動に駆られる。

阿寺渓谷、紅葉

波立つ水面と、川底の石が、キラキラして青い宝石のようにも見える。

阿寺渓谷、紅葉 阿寺渓谷、紅葉 阿寺渓谷、紅葉 阿寺渓谷、紅葉

見どころ

千畳岩

阿寺渓谷、紅葉 阿寺渓谷、紅葉

森林鉄道跡

阿寺渓谷、紅葉

狸ヶ淵

阿寺渓谷、紅葉 阿寺渓谷、紅葉 阿寺渓谷、紅葉

遊歩道手前の駐車場

阿寺渓谷、紅葉

黄色の紅葉はシロモジ。葉に恐竜の足跡みたいに、三つの切れ込みがあります。

六段の滝

阿寺渓谷、紅葉 阿寺渓谷、紅葉 阿寺渓谷、紅葉 阿寺渓谷、紅葉

赤い葉は、たぶんアカヤシオではないかと思います。ツツジ科で春にはピンクの可愛い花が咲きます。

阿寺渓谷、紅葉 阿寺渓谷、紅葉

マルバノキが、深い赤に染まっていました。丸い葉と、線の細い幹がつくっている空間が美しい木。

熊ヶ淵

阿寺渓谷、紅葉 阿寺渓谷、紅葉 阿寺渓谷、紅葉

この淵では時々、熊の親子がやって来て遊んでいるそうです。

吉報の滝

阿寺渓谷、紅葉 阿寺渓谷、紅葉 阿寺渓谷、紅葉 阿寺渓谷、紅葉

トレッキングにピッタリ。

阿寺渓谷、紅葉 阿寺渓谷、紅葉

日ごろの運動不足を解消すべく、紅葉を楽しみ、山の空気を吸いながら歩くのに丁度良いです。街なかを歩くより断然気持ちがいい。道も整備されていて歩きやすく、途中の山側ルートの遊歩道以外は舗装されています。

駐車場は入口と遊歩道手前にあり、入口から遊歩道までが3.5km、キャンプ場までは歩けば6.3kmの道のりです。約2時間のコースと書かれていましたが、山道でくねくねの登りなのと、道草くうのとで、時間に余裕を持ったほうが良さそう。

健康のために、毎日6000歩は歩くと良いらしいのですが、私の身長なら、阿寺入口から遊歩道まで歩く距離ぐらいかな。家の隣が阿寺渓谷だったら、ものぐさな私でも1時間ぐらい歩けるかも。

阿寺渓谷は長野県ですが、中山道の木曽の宿場町、妻籠からもほど近い場所にあり、キャンプ場もあるので、夏は川遊びに訪れる人で、人気が高まっているのだそうです。
なお熊さんの生活域なので、トラブルにならないように、熊よけの鈴などを持っていくのがおすすめ、こちらがお邪魔させてもらっている気持ちを忘れずにね。!(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

まちよ

絵描き、日本美術院・研究会員。幼い頃から動物、植物、昆虫など小さく可憐な生き物が大好き。日々の暮らしをクロッキーや水彩で綴ってます。私の作品を集めた公式WEBサイトもご覧ください。