くーたん
常滑焼で有名な愛知県の常滑市に行ってきたよ。やきもの散歩道という所には、古い焼き物の工場跡や、作家さんのギャラリーもあって、ワンコも一緒にお散歩できるんだよ。

散歩道Aコースをめぐる。

くーたん
お散歩コースにはAコースとBコースがあるんだよ。今日は煙突のある風景や、登り窯があるAコースをチョイス。Bコースだと範囲が広いから、くーたん疲れるかもだしね。
ルナ
陶磁器会館の駐車場は満車だったの。でも、やきもの散歩道駐車場には入れたわ。

morrina器と暮らしの道具

くーたん
ルナちゃん、器と暮らしの道具だって。なんか急須とかあるよ。
ルナ
素敵な器ね~。
くーたん
2階はギャラリーなんだって。若手作家の焼き物が展示されてるんだよ。さっきうちの飼い主、造形がうつくし~、とか何とか言ってさ、ヨダレ垂らしながら入ってったよ。
ルナ
ねぇ、この坂道登ってみましょうよ。
くーたん
魅力的な路地だね。道のあちこちに何かしら焼き物が使われてるとこなんざ、さすが焼き物の町。

このまま進むと土管坂なんだって。でもまだ見てないとこあるからさ、さっきの道に戻ろうね。

グラスワークス楽

くーたん
あっ、ガラスのギャラリーかな?吹きガラス体験って書いてあるよ。
ルナ
やきもの散歩道って陶芸だけじゃないのね。ガラスの灯りがきれいだわ。
くーたん
すげー煙突だっ、でかっ!
ルナ
レンガ造りでイイ感じね!
くーたん
何かいい匂いしてきたよ。
ルナ
あそこで、スルメか何か焼いてるみたい。
くーたん
あーお腹がすいてきた~。ワンコも入れるお食事屋さんってあるの?

パン工房風舎

くーたん
パン屋さん、みんな並んでるね。
ルナ
ここのテラスは、ワンコOKなんですって。
くーたん
ラスクもうまそー。
くーたん
あの人食べてるフォッカチャもうまそー。
ルナ
私、カボチャパンとスコーン食べたい。
くーたん
くーたんは、ウインナーパンがいい。ひたすら見つめ続ければ、うちのパパならくれるかもしんない。

常滑やきもの散歩道、後半。

くーたん
さて、ひと休みしたし、もう散歩道も半分来たかな?
ルナ
この高台から見下ろす町並みも素敵ね~。

だんご茶屋

くーたん
あっちからもいい匂いする~。
ルナ
あそこのお団子屋さん、人がいっぱいよ。
くーたん
わ~、ソフトクリームもあるね~♪
ルナ
キャー(≧∇≦)、私たち飼い主に置いてかれてます!

登り窯

くーたん
登り窯ってこっち?あっち?どっち?
ルナ
どっちからでも行けそうよ。
くーたん
へ~おもしろ、斜面に沿って窯が段々になってるよ。
ルナ
焚口ですって。いくつもあるのね。第一室では約4昼夜全室を焚き終わるのに11日かかったって書いてあるわ。
くーたん
よくわかんないけど、何か凄そうじゃない?きっとたっくさん器を焼いたんだよ。

ギャラリーほたる子

くーたん
ギャラリーほたる子さんは、ワンコも抱っこしてなら入店OKだって。
くーたん
店長のとらじさん、おじゃましまーす。もしもーし、あれっ起きないね。
ルナ
お客の扱いに慣れてらっしゃる。

石水窯

ルナ
あら、ここにも陶器のお店がある。
くーたん
作家物の陶器の器が並んでるよ。常滑焼きっぽい赤い器が多いね。

常滑焼とは

くーたん
常滑焼の歴史は古く、平安時代末期から続く伝統工芸品で、日本六古窯(にほんろっこよう)の一つとされてるんだって。この地方の鉄分を多く含んだ土が、赤い発色をさせ(朱泥)、それが常滑焼の特徴となったんだ。色茶碗や植木鉢、土管やタイルといったいろいろな製品が作られているそうだよ。中でも急須は、鉄分がお茶の苦みや渋みをまろやかにすると言われていて、今でも愛用者がいるんだ。
ルナ
美味しいお茶飲みたいですもんね。
くーたん
うんうん、美味しいが一番さ。ところで今日の晩飯なにかなぁ?(*´﹃`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

まちよ

絵描き、日本美術院・研究会員。幼い頃から動物、植物、昆虫など小さく可憐な生き物が大好き。日々の暮らしをクロッキーや水彩で綴ってます。私の作品を集めた公式WEBサイトもご覧ください。