本郷にあるお米工房さん。ホカホカごはんのおむすびは握りたて、具は大きくてたくさん入っています。老舗お米屋さんならではのおいしいお米のおむすびをお持ち帰りしました。



おむすび握りたてをテイクアウトする。

梅は甘梅とすっぱ梅、鮭と銀鮭、おかかとおかか梅、焼サバとサバ梅、あさりしぐれ、牛しぐれ、唐揚げ、昆布、岩のり、辛子明太子、ねぎ味噌、しばくら、などなど、種類も豊富で迷います。

ころがし、という鰹節が表面にまぶされた新型焼おむすび3種は、プレーン、梅、焼き味噌とあり、こちらも人気。

ランチボックスは前日予約がいるものと当日注文できるものがあり、持ち帰ったのは後者のほう。

当日お持ち帰りは、ランチボックス(600円)好みのおむすび2個と唐揚げ2個と卵焼き、ころがしセット(650円)ころがしと好みのおむすび、唐揚げ、卵焼き、銀鮭セット(700円)銀鮭おむすび、好みのおむすび、唐揚げ、卵焼き、ドリンクセット(700円)好みのおむすび2個と唐揚げ2個、卵焼き、PETお茶、です。

ほかほかのおむすびは、プラスチック容器ではなく経木に包まれているという気遣いが。経木(きょうぎ)というのは杉や檜の薄い皮です。幼い頃、母に市場に連れられて行くと、魚やお肉などをコレに包んでくれていた気がします。蒸れにくいし、殺菌作用もあるようで、しかも土にかえるというシロモノ。

持ち帰る間には、さすがに海苔のパリパリ感は失われてしまいますが、べとべとはしていません。

おむすびはお米がつぶれないでたったままだし、ふんわりと握られたそのままが保たれています。

単品で、左上から順に銀鮭、甘梅、左下から岩のり、しばくらです。

銀鮭は脂ののった鮭のハラスが大きな塊でどんと入っていました。甘梅も大きく、岩のりは上にのってるワサビがきいてて美味しいです。しばくらというのは、きくらげのしば漬けで、程よい酸味としば漬けの香りが食欲をそそります。

こちらはランチボックスです。しっかりした厚紙の箱に入っています。甘梅のおむすびをちょこっとどかして、下段のおかずが見えるように撮影したのですが、おわかりでしょうか。透明のフィルムに分けられて、唐揚げと卵焼きが入っています。ちなみに唐揚げも卵焼きも美味しいです。

老舗お米屋さんが厳選、こだわりのお米。

日本各地から選ばれた、お店おすすめのお米が陳列されていました。

農薬不使用お米も数種類。減農薬米、今はやりの酵素米なども、生産者さんの名前入りで売られています。

NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で取り上げられた、石井さんの有機達人米などもありました。こちらは味もさることながら農薬不使用で健康にも配慮されているお米。5㎏9000円とのことでとても高価です。

お話をお聞きすると、農薬不使用だとやはり普通は味が落ちてしまうとのこと。私も子育て中は、無農薬栽培のお米を頼んで購入していましたが、たまに魚沼産コシヒカリを買うとこっちの方が美味しいかな?と思ったことも。

それで今はそこまで農薬不使用にこだわらなくて、美味しいのはどれかお聞きすると、勧められたのがこの桑原さんの極上米でした。5㎏で4740円はけっして安くはないけど、化学肥料、化学農薬を30%減のお米です。こういったお米はスーパーなどでは見ることのない極上のお米なのだそう。

その場で精米していただけるということだったので、早速精米したてのお米を、我が家の普通の炊飯器くんで炊くことに。その時の写真を撮り忘れてしまいましたが、炊き立てのお米のつやっつやなこと!香りよし、ふっくらして適度な弾力、甘み、素人でもわかる美味しいごはんでした。

たまには帰省のお土産に、こういった特別なおお米も良いかなぁ、なんて考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)