面白いバレンタインチョコ、開けてびっくり毒きのこの山!

バレンタインのチョコレート選びは進んでいますか?そこで、市販のキノコの山を利用した、チョコぴつでつくるおもしろチョコレートのご紹介です。

きのこの山、否、毒きのこの山

きのこの山、チョコぴつ きのこの山、バレンタインデー

じゃ~ん、きのこの山を開けてみたら、毒キノコがいっぱい入ってた!というサプライズはいかがでしょうか?

セリアの100均チョコぴつでデコる。

セリア、チョコぴつ

湯せんで温めるだけで簡単に使えるという、チョコぴつ5色とジャムペンをセリアで購入。茶色は売り切れだったので他で買いました。チョコぴつ、デコペンチョコの中身は着色されたチョコレートで、ペン先を切り、絞り出して描くものです。ダイソーでは、同じようなものがチョコペンという名前で売られています。

チョコぴつの赤と白で毒きのこの山。

きのこの山 きのこの山、デコ チョコぴつ

まず、溶けたチョコが付かないように、洗って熱湯消毒した洗濯バサミで倒れないように固定。マグカップ熱いお湯を入れて、その中に赤と白のチョコぴつを入れて、チョコを柔らかくします。

全体が柔らかくなったら取り出し、赤いチョコぴつの先端を斜めに切りとります。

きのこの山、デコ

チョコがゆるゆるかな?と思うくらいで作業を始めたのに、部屋が寒いからか、すぐに固まってしまいなかなか上手く塗れません。チョコぴつの先につまようじで栓をして、再びマグカップの中に戻し、柔らかくしながら、赤色のチョコぴつをキノコの頭に塗りつけます。

きのこの山、デコ

赤色のチョコが固まったら、白色のチョコぴつで、点を描いていきます。全体のチョコが固まったら出来上がりです。

スコーンにきのこが生えちゃった!

きのこの山、チョコぴつ

抹茶のスコーンを作って3日め、さっさと食べないからきのこが生えちゃったじゃない!な~んてね。いろいろシチュエーションを考えて、楽しんでみてくださいね。

最近はスーパーのチョコレート売り場も、市販のお菓子がバレンタイン用に工夫されていて、子ども達と一緒に作りやすいものもありましたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)