伊良湖岬にてスーパームーン2015

中秋の名月が今年は9月27日でした。その翌日、雲ひとつない秋晴れだったので伊良湖岬まで出かけました。それも急に思い立ってお昼も過ぎてから。そういえば海に行くなんて、いったい何年ぶりでしょう!

秋の日はつるべ落とし

伊良湖岬の浜辺

子供の頃、祖母の家には井戸がありましたが、すでに釣瓶はなくポンプで汲み上げていました。釣瓶を落とすように、秋の日は急に落ちるということわざですが、釣瓶を知っている世代が少なくなると次第に使われなくなる言葉ってありますよね。言葉にも寿命があるようです。

伊良子岬の水彩画

伊良湖は高速降りてからが延々と長いので、日没までに間に合うかと気を揉みながら、何とか到着したのは5時頃でした。日が暮れていくのにつれ変化する、景 色の様々な色に思わず息をのみます。茜、桜、金、浅葱、群青、緑青、藤紫…。日は落ち始めると本当に早い。スルっと落ちました、それは見事に。

スーパームーン昇る。

伊良湖岬スーパームーン昇る

日がすっかり沈んでしまい、振り返ると反対側から赤い月が昇っています。今年の満月はスーパームーンと呼ばれる、特別大きなお月様だそうです。いつもより14パーセントほど大きく見えるとのこと。

伊良湖岬スーパームーン01

昇ってすぐの赤い月は、ホラー映画の背景にぴったりです。それはそれで面白いのですが、高度が上がるにつれて澄んだ明るい色になり、満月が海に光を落としている姿は神秘的でした。今まで生きてきて初めて見る光景です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

まちよ

絵描き、日本美術院・研究会員。幼い頃から動物、植物、昆虫など小さく可憐な生き物が大好き。日々の暮らしをクロッキーや水彩で綴ってます。私の作品を集めた公式WEBサイトもご覧ください。