毛糸ポンポンで簡単にできる、マフラーというかネックウォーマーを作ってみました。ワンコにはめてみたら、あら、ポンデライオンみたい。

材料

  • 毛糸3種類
  • 手芸用平ゴム(幅約5mm)
  • ハサミ
  • 針と糸

作り方

1、平ゴムで輪を作る。

ワンコの顔がはまる、少し小さめぐらいを目安に輪にして、糸でとめる。

ゴムの色はいろいろな色があるのでお好みでどうぞ。

2、ポンポンを作る。

人差し指、中指、薬指の3本に糸を巻きつけていく。

およそ80回ぐらい巻き付けました。

30センチぐらいの同じ糸で、中心をしっかり緩まないように結ぶ。

緩いと、糸が抜けてきます。

ハサミで輪になった部分を切っていく。

形を整えながらよく見て、切りそこなったところがあれば切る。

全体が丸くなるように、少しずつ様子を見ながら切る。

平ゴムにとめつける。

ポンポンは8個作りました。いくつでもいいのですが、ポンデライオン風にするなら、ポンポンは8個です。その場合、ポンポンの直径は、ワンコの大きさによるので調整してください。

ちなみにうちの子だと、ポンポンの直径は約6センチ。平ゴムの直径は約8センチでした。ポメラニアンで体重2.3キロの子です。平ゴムの幅も、大きい子ならもう少し太いもののほうがいいと思います。

配置を決めたら、平ゴムにポンポンを結んでいく。

しっかり結びましたが、出来上がってワンコにはめたりするうちに、ゴムの伸縮でほどけてしまいました。なので後から糸で縫い付けることに。

全部結び終わったら糸で縫い付けることがおすすめです。

対角線状にとめていくとバランスがとりやすいです。

小さな子どもにも似合いそう。

前の方にするとポンデライオン。

首にすればマフラーです。

ワンコをポンデライオンにして楽しむだけでなく、子ども用のネックウォーマーにしてもたぶん可愛い。平ゴムを薄手のヘアバンドに変えて、サイズを調整したら大人も良いかもしれません。ひょっとしたらもっと小さく作って、ブレスレットみたいにしてリストウォーマーにするのはどうかな?

ポンポンはふわふわで意外に暖かいです。毛糸を編むより早くできるので、余った毛糸があったら作ってみてはいかがでしょうか。

毛糸ポンポンマフラーは、ワンコによってはストレスになったり、運動の活発な子には思わぬ事故につながることもあるかもしれません。目の届くところでの使用、または長時間着用させたままにしないなど、ワンコは口で訴えられないので、各々でお気遣いをよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)