パティスリーグラムは名古屋のスイーツ好きご用達、開店数分で売り切れるモンブランはゲットならず。

パティスリーグラムは、本山から猫ヶ洞通りを平和公園方面へ向かう途中にある人気のケーキ屋さんです。

モンブランを食べるなら覚悟せよ。

パティスリーグラム

人気のモンブランは、11時から焼きあがるということなので、11時10分頃に着きました。しかし、4台ある駐車場はすでに満車、待つことプラス10分。ようやくお店に入れたと思ったらすでに売り切れておりました。(;´д`)トホホ。

聞けば皆さん、11時前から並ぶとのこと。午前に買えなくても、午後1時にも出来上がるそうですが予約はできないそうです。

待ってもいられず、他のケーキも大そう美味しそうに光輝いておりましたので、そちらをいただくことにしました。

すべて美味しそうで迷うよ。

パティスリーグラム

ショーケースに並ぶケーキ達はどれも美味しそうで悩みます。少なくなっているケーキが人気なのだろうか?とか、前のマダムが注文されたケーキに耳をそばだてて、これが美味しいのだろうかと、あれこれ考えを巡らします。

パティスリーグラム パティスリーグラム

結局選んだのは、そこそこ売れている感じの洋ナシの入ったケーキと冒険せずオーソドックスないちごのケーキです。

ケーキのおしゃれなフランス語の名前が覚えられず、注文する時にへんな読みになってないか、軽く緊張する小心者のおばさん。

器もおしゃれ、しかもおまけのクッキー。

パティスリーグラム パティスリーグラム

このお皿、生クリームできているんじゃない?と思うほどクリーミーな風合いのお皿に、ケーキが乗せられてきました。

ガトーフレーズ、いちごのショートケーキです。やっぱりいちごが乗ってると華やか。美味しそうです。

パティスリーグラム パティスリーグラム

このティーカップ、生クリームでできてるんじゃない?と思うほどクリーミーなカップと、ポットもなかなか素敵。シンプルなところが良いなぁ。

カップに添えられたクッキー、じつはオーダーの間違いがあって、そのおわびにと紅茶に添えてくださいました。

クッキーはポリポリ軽めの食感で紅茶によく合います。紅茶はアールグレイですが、なかなか美味しいですよ。

パティスリーグラム

パリパリとキャメリゼを壊しながら、ふわりとしたムース状のクリームと一緒に頬張ります。キャラメルの香ばしい苦味のある甘さと、さっぱりとしたクリームが美味しい。中から、しっとりジューシーな洋ナシがでてまいります。

ジブースト・ポワール、若干地味な見かけと異なり、中身は複雑な味で大満足です。

クレーム・ジブーストとは、ウィキによれば、カスタードクリームにイタリアンメレンゲとゼラチンを加えて作ったクリームだそうです。1800年代に、パリのサントノーレ通りのお菓子職人ジブーストが考案したお菓子なのだとか。

焼き菓子も充実してる。

パティスリーグラム パティスリーグラム パティスリーグラム

ショーケースの中のパウンドケーキも手土産などに良さそうです。種類が多くてこれも悩みますね。

手前の焼きタルト類も美味しそう、これからの季節、持ち帰って冷蔵庫で冷やして食べるのも、口当たり良くていいかもしれません。

栗好きの使命感。

パティスリーグラム

駐車スペースはお店の隣、道路側手前から4台です。次回のチャレンジでは、まずこの駐車場を攻略せねば、モンブランを目の前で見逃しかねません。

近くにコインパーキングもなし、最寄りの駅は地下鉄本山駅でしょうか、徒歩20分くらいはかかりそうです。

しかし大の栗好きとしては、この売り切れてしまうモンブランをどうしても食べなくてはならない。モンブランゲットのためならば、困難なほうが燃えるのです。

パテイスリーグラムのケーキは、食べログ3.9の評判のお店。他のケーキもレベルが高いので、名古屋で一度は食べてみたいお店に入ると思います。

モンブランに集中せず、他のケーキも是非ご賞味くださいね。
と言っておいて、ひそかにモンブランを買いに行く姑息なおばさん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)