長久手市周辺には、美味しいラーメン屋さんが何件かあります。リニモはなみずき通り駅近くのまんまる堂さんでは、食の安全性にこだわった新感覚のラーメンが食べられます。




個性的な自家製麺とスープ、クリエイティブな季節メニュー。

駐車場はお店の前と隣の駐車場A~Eまで。結構たくさんとめられますが、12時の時点で満車になっていることも少なくないです。

季節限定のメニューは、本日はほかほか麺でした。鶏と白菜のあんかけスープには、大根、玉ねぎを加えて生姜を効かせ、鰹節、昆布のだしに酒粕をプラス。体がぽかぽか温まるのだとか。

麺はキャロブパウダーを練り込んだ、全粒粉入りモチモチ麺。そしてゴボウ、玉ねぎ、エリンギのトッピング、めちゃめちゃ健康に良さそうなラーメン。

メニューは、醤油味ののーまる、味噌味のみそまる、塩味のしおまる、辛口醤油味の唐まる、辛口味噌味のみそ唐まる、動物系は使わない和だしと野菜のスープのまるそば、そしてつけめん辛口つけめんなどなど。豊富なうえに、量にも配慮が細かくて、並み、大、ミニまであります。

トッピングもさまざま。変更もできて、例えばチャーシューをが苦手な人が、煮卵1/2orわかめに変更とか、卵麺→ノンエッグ麺、小麦アレルギー→米粉麺などいたれりつくせり。

まるそば 790円也

いつも注文するほどファンのまるそば。よく言われる「ラーメンのスープは体に良くないから最後まで飲むな。」をくつがえす優しい味。スープを飲むな的な発想は、ラーメンによると思う。もちろん塩分ゼロではないので、血圧高めな方などはお控えくださいますように。

ちなみに写真はチャーシューをワカメに変更してもらっています。

のーまる 790円也

国産無農薬にんにく 80円也

唐まる 840円也

つけめん 790円也

全粒粉の粒が麺に練り込んであるのが見えます。見た目は、太切りのお蕎麦のようで、つやっつやです。かんすいは使っていないので黄色くありません。つけ麺で食べることで、いっそう小麦の風味を感じるような気がします。

スープも凝っていて、ただの醤油ではなくどことなく洋風なような…。少し甘味があり味がよく麺に絡みます。

餃子 400円也

杏仁豆腐 260円也

愛知牧場の低温殺菌牛乳を使った杏仁豆腐です。素材の良さが生きているなめらかで優しい甘味。高級中国料理店にも負けないと思う私のお気に入りの逸品です。

家族や身近な人が安心して食べられるもの。

「まず、自分とその家族、そして働いているスタッフが安心して食べることが出来る料理」まんまる堂さんのホームページにあった言葉です。じつはお店が考えるの安全基準というものがあって、それは家族や身近な人が食べても安心なレベルということ。そこある細かな記述には少し驚きました。

調味料、野菜、肉類、油、麺などの食材だけに限らず、洗剤や調理器具に至るまでどのようなものを使い、使わないのかが書かれているのです。また、全て国産材料にすることが不可能なことや、野菜も天候などによって全て無農薬、無化学肥料のものにできないことなど、対応できないことも真摯に記載されていました。

独自の安全基準で、出来る限り安全なものをとの気持ちがこめられたラーメン。体に優しい味がするラーメンは、よくあるラーメンに慣れている人には物足りないのでは?と思うかもしれませんが、実に想像的で工夫が素晴らしいので、ラーメンの新しい基準になるのではと、こっそり思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

まちよ

絵描き、日本美術院・研究会員。幼い頃から動物、植物、昆虫など小さく可憐な生き物が大好き。日々の暮らしをクロッキーや水彩で綴ってます。私の作品を集めた公式WEBサイトもご覧ください。