室内でも楽しめるバラ、インドアローズで窓辺を飾る。

バラは室内では無理。そう思っていたら最近、室内でも育つ品種の登場です。しかも、常識を覆す花の大きさの物も!ミニバラと呼ぶには失礼ではと思うほどです。今日は、そんなインドアローズと呼ばれるバラのご紹介です。

デンマークで生まれたバラ。

インドアローズ

インドアローズは、日照の少ない北欧で生まれたバラ。ポールセンローズのパレード、パティオヒット、パレスなどのシリーズが有名ですが、ローズフォーエバーのインフィニティローズというシリーズも最近よく見かけます。

どちらも屋内で育てられ、パレスに至っては5~10㎝の大輪になるとか。花持ちもよくて耐陰性、耐病性にも優れていて、狭い部屋の中でも場所を取らないのも魅力です。

インフィニティー(無限大)の名を持つバラ。

インフィニティローズ インフィニティローズ

無限大という名のとおり、それまでの常識では考えられないほどの花持ちの良さとのこと。四季咲きなので、春から秋まで花の見ごろがあります。花の大きさは約7㎝、価格は498円、ピンクが可愛いっ、つい持病のバラ病がでて、購入してしまいました。うわさどうり、丈夫で日陰に強いことを祈ります。

さすがバラ、置けば窓辺が華ぐ。

鉢カバー、木箱 インフィニティローズ

早速、木箱の入れ物を鉢カバーにして、ポットごと入れてみました。しばらくこのまま楽しんで、花が終わったら鉢増ししようと思います。さすがはバラ様、寂しかった窓辺がいきなり華やかになりました。置き場所は、我が家で唯一の南の窓辺です。

日陰、狭い庭の救世主になるか?

さてさて、日当たりの悪い場所を嫌うバラ様たちが多い中で、この子はどのような頑張りを見せてくれるのでしょうか、チャレンジです。

うどんこ病にかかりやすいとの情報もありました。うどんこ病は、夏を除く春から秋にかけて、涼しくて湿度が低いと多発するとのことです。日当たりが悪くて、雨のかからない、風通しが悪い場所では発生しやすいってことですか。

ちなみに、ポールセンローズの方では、無消毒野外試験、暗い場所での耐久試験など行われているとのことで、信頼性が高そうです。

インドアローズは、ピンク、白、赤、黄色、オレンジ、パープルといった色の他に、マーブルカラーなど色彩も豊富になってきていて、今後も目が離せません。庭植え、屋外が基本のバラの世界に、新しい時代が来るのかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)