小渡の山間に響く音色の涼し、風鈴祭りに願う夢。日本の夏っていいなぁ…

豊田市の小渡では、毎年7月中旬~8月下旬にかけて、夢かけ風鈴まつりのイベントが行われています。近くを矢作川が流れるノスタルジックな街並みの民家の軒先に、たくさんの風鈴が風に揺られています。

リンリンカラカラ、風鈴の涼。

小渡 風鈴祭り

この日はとても暑い日で、日傘なくては歩けないほどでしたが、川沿いの町に吹く風が一斉に風鈴を鳴らし、リンリンカラカラ、澄んだ音色が涼を運んでいました。

小渡 風鈴祭り 小渡 風鈴祭り

まるで青空の中を、魚が泳いでいるように見える風鈴、空に打ちあがる花火、花、水の流れのような線だけのもの、子どもが描いた元気いっぱいなもの、一個一個見ていくと楽しいです。

鉄や陶器の風鈴もあって音色は様々。私は鉄製のものが一番耳に心地いいと思いました。絵付け体験もできるので、ぜひ参考にして力作にチャレンジしてみてはいかがでしょう。

小渡 風鈴祭り 小渡 風鈴祭り

朝顔と風鈴とすだれ、まさに日本の夏の風物詩。苔玉や風鈴は、お土産に購入することができます。吊るされた苔玉の下で、綺麗に咲いているのは山野草のサギ草です。

小渡 風鈴祭り

願いを運ぶ風鈴の音よ、天まで届け。

小渡 風鈴寺 小渡 風鈴寺

小渡の町を歩き、風鈴寺まで来ると、夢かけ風鈴ののぼり旗が並んでいます。

このお寺では、風鈴の短冊に願い事を書いて奉納することができます。神社でいう絵馬のようなものですが、風鈴というのが良いですね。風鈴の音に乗って、願いが天まで届きそうな気がしませんか?

小渡 風鈴寺

500円を箱の中に入れて、短冊に願い事を書き、風鈴に結びつけて机に置いてきました。

境内にかけられた風鈴の短冊がなくなった時が、願いが叶う時だとか。風鈴の奉納は、お祭りの時以外でもできるそうです。

小渡 風鈴寺 小渡 風鈴寺

霊場巡りの地図が、お寺の入口にありました。三十三観音の石仏が上の境内にあったのですが、ここは西国三十三カ所巡りの一つなのだそうです。風鈴寺で有名になりましたが、曹洞宗のお寺で、本当の名称は増福寺。福が増す寺だなんとも素晴らしい名前ですね。

本堂の裏手から続く道からも、この小巡礼のコースにでることができます。お時間があれば散策するのも面白いかもしれません。

清流と風鈴の田舎町で、夏の思い出をつくる。

小渡 風鈴祭り 小渡 風鈴祭り

レトロ感のある町並みは、風鈴を見ながらすぐに歩けてしまうお手軽さがありました。お祭りの期間中は、商店街の金物屋「さかや」さんで、風鈴の絵付け体験ができます。料金は1080円。さかやさんでは、全国から仕入れられた風鈴が集められています。風鈴を鳴らしてみて、音色の違いを味わってみるのも楽しいかもしれません。

また、木工体験もでき、夏休みの工作作りにもおすすめです。糟谷工房のお店の入口の左隣に、工房入口があって看板が立っています。木工のリアルな恐竜のお出迎えで、子どもたちが集まっていました。料金は、戦艦絵付け体験1,000円~、指人形1,000円とのことです。

小渡から近い場所には、「笹戸温泉とうふ屋」があり、日帰り温泉やお食事もできるので、寄り道するのも良いかも。ここの河川敷には、なんとカモがいて、餌をあげたりして遊べます。夏のささやかな思いでづくりにいかがでしょうか。

2018年小渡夢かけ風鈴は、7月15日~8月31日で、7月15日にはゆかた姿でモデルなりきり撮影会などのイベントもあります。詳しくは下記のサイトよりご確認の上、お出かけくださいね。

矢作川の鯉のぼり、小渡(おど)の空に泳ぐ150匹に圧倒される!

2017.04.29

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)