絶品蕎麦を食べ、ネットで話題の岐阜のマチュピチュ苗木城を歩く。そして中津川の秋と言ったら、やっぱり旬の「栗きんとん」でしょ。名古屋からお手軽な、秋の食いしん坊日帰り旅です。




手打蕎麦わくりで腹ごしらえ。

中津川、わくり

手打蕎麦わくりは、中津川の駅前にあります。駐車場はないようなので、駅前立体駐車場に車を停めて歩きました。お店は和モダンでちょっと粋な佇まい。一間ほどの入口なので、うっかり通り過ぎてしまいそう。中へ入ると、12時前だというのにカウンター席はすでにお客様でいっぱいでした。

中津川、わくり

限定という言葉に弱いので、粗挽きせいろを早速注文。くるみだれ、気になるなぁ。そばがきも食べたいけれど、お隣から卵焼きの、めちゃめちゃ良い香りがしてきてチラ見。つい私も食べたくなり、こちらも注文することにしました。

中津川、わくり

登場したお蕎麦は、オーラのようなものを放っていて、顔が違う!艶やかで、不思議と透明感もあるみたいな。粗挽きの粒が見えます。焼き物の信楽焼きのような粒感というか。一口食べると、お蕎麦の香りと甘みがします。

そばつゆとお塩と両方で味わうことができ、お蕎麦そのものを味わいたい場合は、お塩がおすすめです。同行した関東出身者は、このそばつゆを絶賛していました。関東では、濃いめのつゆに、ちょこっと蕎麦を浸して、サッと食べるのが美味しい蕎麦の食べ方なのだとか。

中津川、わくり

たまらない良い匂いの卵焼き。金色に光り輝いています。だしの上品なお味、ふんわりしっとりお口の中に幸せが広がります。美味しいものをいただくと、自然とみんな幸せなお顔になるんですね~。

店舗情報
  • わくり
  • 住所:岐阜県中津川市太田町2-2-35
  • 電話:0573-65-0876
  • 営業時間:11:30~13:30 17:00~22:30
  • 定休日:火曜日
  • タバコ:完全禁煙、店外に喫煙スペースあり
  • 最寄り駅:中津川駅から徒歩2分
  • 駐車場:無(駅前の市営は30分無料、少し離れた市営(立体)は2時間無料です。)

岐阜のマチュピチュ、天空の苗木城跡を歩く。

本物の世界遺産マチュピチュには行けないけれど、岐阜なら今すぐ行ける。若いころスケッチに行ったことがある苗木城ですが、そんなにマチュピチュに似てたっけ?記憶もだんだん怪しくなる今日この頃ですが、ネットで話題になってるし、どんなもんだったか再度見に行くことにしました。栗きんとんも食べる予定だし、丁度良い散歩になるしね。

苔むした石垣

苗木城

苗木城跡の入口のある、苗木遠山史料館前の駐車場が満車だったので、その先の駐車場に停めました。史料館では、苗木城の関わる資料の展示の他、申し込めば城跡のガイドも頼めます。

苗木城 苗木城

岩の抱え込むかのように石垣が積まれている様子は、まるで虫が自然を利用して造る巣のようです。どんな計算で石を組み上げていったのか。その緻密で気の遠くなるような作業が、悠久の時を越えてここに残っているということに、少し感動すら覚えます。苗木城のように、自然の巨岩がそのまま使われている石垣は、全国でも珍しいとのことです。

苗木城

廃墟ロマン感、たっぷり。

苗木城

石畳の続く道をしばらく歩くと、開けた広場のような場所に出ました。ここはインカ帝国の遺跡のような異国感が漂っていますね。

苗木城

天空の城ラピュタのロボットが守っていた庭園なのかもしれません。

苗木城 苗木城

これは天国への階段か?

苗木城

まだまだここから上へと登って行きます。だんだんと空が近くなって来ました。

苗木城 苗木城

階段の端まで行くとめまいがしてきました。地上からどんどん離れていきます。

苗木城

マチュピチュ?

苗木城 苗木城

高所につき、足元注意!

苗木城

登るにつれ、高所恐怖症の私、恐る恐る写真を撮ります。もちろん景観を損なう、転落防止の柵などありませんので、あまり縁まで近づけません。

苗木城 苗木城 苗木城

天空に近づくにつれ何だか、もののけ姫で、アシタカが山イヌの巣穴から出て、見渡す風景に思えてきました。

苗木城

マチュピチュというよりも、たたら場(もののけ姫)からの眺めのようにも見えます。

苗木城

天空の城から、下界を眺める景色です。家々は小さく、流れる川も山も見渡せる、自分が特別な存在になったような気分になります。時の為政者は、こうして高見から下々の者を支配してたのかなぁ。

スポット情報
  • 苗木城跡
  • 住所:岐阜県中津川市苗木2799−2−1
  • 電話: 0573-66-1111
  • 料金: 城跡への入場は無料
  • 最寄り駅:JR中津川駅前より北恵那交通バス苗木・付知方面 約10分「苗木」下車。徒歩20分。
  • 駐車場:無料(苗木遠山史料館の駐車場も利用可能)

満天星一休西店でティータイム。

満天星一休西店

さて、お散歩で程よくお蕎麦が消化されたところで、お持ちかねのスイーツの時間です。季節の栗きんとんを目当てに、満天星一休西店にお邪魔しました。本店に比べ、お店は少し分かりにくい場所でしたが、Google検索で何とかたどり着きました。景色はこちらの方がおすすめです。

満天星一休西店 満天星一休

4時近くもあり、モンブランは売り切れ。ランチには栗おこわも人気とのことです。

満天星一休西店 満天星一休西店

解放的なテラス席。景色が良くて気持ちがいいです。少し冷えてきたので店内に入り、お茶をいただくことにしました。

満天星一休西店

お抹茶と栗きんとんです。ほんのり甘味を感じる上質なお抹茶に、甘さ控えめの栗きんとんです。栗の香りと粒を感じる、美味しい栗きんとんでした。

満天星一休西店 満天星一休西店

栗ぜんざいです。焼けたお餅が香ばしく、小豆も上質で美味しいです。もちろん金色の栗も。甘味は私的にはもう少し抑えめの方が好みです。

満天星一休西店

珈琲と抹茶シフォンケーキのセットもありました。すべて美味しゅうございました。満足です。

店舗情報
  • 満天星一休 西山店 (ドウダンイッキュウ)
  • 住所:岐阜県中津川市駒場1995-1
  • 電話:0573-67-8193
  • 営業時間:AM8:30~PM7:30(年中無休・元旦は休業)茶房営業時間 AM10:00~PM5:00(年中無休・年末年始は休業)9月、10月の土日祝日はPM4時でオーダーストップの場合があります
  • 定休日:水曜日
  • タバコ:完全禁煙
  • 最寄り駅:美乃坂本駅から2,643m
  • 駐車場:有

にぎわい特産館で栗きんとんめぐり。

にぎわい特産館

無類の栗好きの私、中津川名店の栗きんとんが集まる場所が、駅前にあるというので行かずにはいられません。七福、松葉、信玄堂、しん、仁太郎と購入して食べ比べてみることにしました。さすが土地の名産品なだけに、どれも美味しいです。

個人的な意見としては、渋皮の入った「信玄堂」の風味と、「しん」の栗そのものの素朴な風味が印象的でした。甘さが控えめなのは、しん、七福。その次に松葉、仁太郎で、信玄堂かな。自分用にはしん、お友達用には上品な七福。並べてみると色にも微妙に違いがあり、栗と砂糖だけのお菓子なのに、こんなに違うことに少し驚きました。

にぎわい特産館には、栗きんとんだけでなく、栗粉もち、栗きんとんを葛で包んだ、満天星一休の森の水鏡など、美味しい栗和菓子がいっぱい。中津川駅前市営駐車場(立体)なら、2時間まで無料なので、ぜひお土産などに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

まちよ

絵描き、日本美術院・研究会員。幼い頃から動物、植物、昆虫など小さく可憐な生き物が大好き。日々の暮らしをクロッキーや水彩で綴ってます。私の作品を集めた公式WEBサイトもご覧ください。