三河湾を臨む和カフェ『たらそ』暮れゆく海にロマンチックが止まらない。

かねてから行ってみたかった、西尾市吉良町にある和カフェ『たらそ』オーシャンビューの絶景カフェとして人気です。日中は混雑するとのことなので、日暮れ時に訪問しました。



和カフェ、たらそ 和カフェ、たらそ

豊明から23号を使い、1時間半ほどのドライブ。営業時間は、日没後1時間ということなので、お日様の傾きを気にしながら、間に合ってホッとしました。カフェは吉良温泉や、吉良ワイキキビーチのすぐ近くで、海を見下ろす斜面にあります。看板は立っているものの、建物はどこ?カフェの構造が一風変わっていて、海に向かって、入口から下っていく形になっています。余談ですが、吉良といえば、思いだすのが赤穂浪士の敵、吉良上野介。悪名高い吉良様ですが、じつはこの地方では名君として知られる良いお殿様なのですよ。

絵に描いたような絶景。

和カフェ、たらそ

建物の天井部分が、緑におおわれていて、庭のような不思議な展望です。子どもだったら思わず走り回りたくなるようなスペース。ちょっと美術館を思わせる建物です。現代的な彫刻とか、抽象画とかが展示されていても納得してしまうかな。

和カフェ、たらそ 和カフェ、たらそ
どんどん海に向かって階段を降りていく。夕日を反射した海の景色か一枚の絵になります。
和カフェ、たらそ 和カフェ、たらそ
後ろを振り返ると、建物の間から除く空とが抽象画のよう。
和カフェ、たらそ 和カフェ、たらそ

秋の虫の音をききながら、暮れ行く海を眺める贅沢なひと時。もうすぐ日が落ちますが、まだ女性のお客様が何組かいらっしゃいました。この眺望はカップルにもおススメ。若い方はもちろんのこと、熟年のご夫婦でも、日常から離れて人生を思い起こす、そんな特別な気分に浸れます。二人でゆったりと海を眺めるひと時に、絆がより深まるかもしれませんよ。

超贅沢なティータイム。

和カフェ、たらそ

ランチタイムを過ぎても、カレーライスや、サラダ、おつまみのソーセージ盛り合わせ、お酒類などありました。帰りの運転もあるので、暮れゆく海の景色をおつまみに、お茶とスイーツを頂くことにしました。

かぼちゃのパンプリン。

和カフェ、たらそ

チーズケーキセット

和カフェ、たらそ

台湾紅茶の紅玉。

和カフェ、たらそ
長い間台湾で受け継がれてきたアッサム種と野生の山茶を掛け合わせた、新種の紅茶だそうです。蜂蜜と爽やかなミント香をベースに、複雑に絡み合う芳醇で野性的な香りとありましたが、紅玉という名前の印象からか、リンゴのような香りに思えました。

大人のお月見にいかが?

和カフェ、たらそ 和カフェ、たらそ

たらそでは、満月に近い土曜の夜に、ムーンリバーというナイト営業があるそうです。空にぽっかり浮かんだ満月が、海に映る景色が素敵だそう。2016年9月15日は中秋の名月。でも満月は17日とのことで、ちょうど土曜日のムーンリバーの日になります。この日は19時から中嶋美弥ピアノトリオなどのイベントもあり、チケットも発売されていますよ。素敵な音楽を聴きながら、海に浮かぶお月様をめでる、そんなちょっと贅沢なお月見、いいなぁ~。なお、まだまだ蚊の元気な時期なので、虫刺されの気になる方は、長袖や虫よけスプレーなどの対策はされた方が良いと思います。

店舗情報
  • 和カフェたらそ
  • 住所:愛知県西尾市吉良町宮崎弥五郎3-3
  • 電話:0563-32-4222
  • 営業時間:月~金:10:00、土日:9:00 ■close月~金:日没1時間後、土・日:21時 ■満月に近い土曜日の夜:ムーンリバーの日24時まで営業は4月~10月までの季節限定させて戴きます。
  • 定休日:年中無休
  • タバコ:室内禁煙、テラス席喫煙可。完全分煙
  • 最寄り駅:三河鳥羽駅から1,392m
  • 駐車場:有

西尾市のカフェオーシャン、海が見えるテラスで絶景ピザランチ。

2017.03.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

まちよ

絵描き、日本美術院・研究会員。幼い頃から動物、植物、昆虫など小さく可憐な生き物が大好き。日々の暮らしをクロッキーや水彩で綴ってます。私の作品を集めた公式WEBサイトもご覧ください。