青猫といえば、藤が丘にある有名なJAZZ喫茶。一足踏み入れればそこは誰もが大人おしゃれになれる、そんな魔法がかけられている場所だ。



青猫は地下にある。レンガの壁とアイアンの看板がヨーロッパの街角のよう。

下まで降りて振り仰ぐと、蔦が建物にまるで遺跡のように絡んでいた。

音響が妄想を呼ぶ。

鉄の扉は外の人を拒むのか、中の人を守るのか閉じ込めるのか。本当にお店に入ってもよいのだろうか。しかし中からは心地よいジャズが誘うように音楽が漏れてくる。

あーだこーだ躊躇するも、好奇心には勝てない。ようやくドアを開けると、いきなり音の波にのまれた。

とにかく音響がすごい!素人でもわかる。

部屋の空気が水にかわり、音の水槽に閉じ込められたみたいだ。その重く密度をもった透明な揺らぎが見えるように感じられる。音が、音の波が今そこに見えそうなのだ。

おどる影のなかに、猫が隠れる。

そんな妄想が止まらなくなるのは、音楽と浮かびあがる影のせい。空間がひずんで溶けていくような感じがどうしてか心地よい。

夜カフェごはん。

デミグラスソースのハンバーグ。

クリームソースのパスタ。

アイスコーヒー。

コーヒーはブレンド。アイスもホットもおいしい。

器も独特。コーヒーカップは和食器の粉引きだろうか、貫入ですこしひび割れた模様がいい。ソーサーはクリームのようになめらかだ。象形文字のようなスプーンも、今にも動き出しそうで生き物的だった。

青猫

まず、名前がかっこいい。

赤猫でも、緑猫でも、銀猫でもなくて青猫。

青は、自然界では海や空だったりして、色の中では嫌う人の少ない色らしい。ポジティブなイメージでは、爽やかさや清潔感、冷静さなどがあるけど、ネガティブなイメージでは冷たさや、憂鬱、寂しい、悲しいなどの感情にも結び付いている。どちらかというと青猫の青は、後者の匂いがする。そして猫の魔的な可愛さと不思議さが重なって、ますますもってミステリアスな幻想に落ちそうだ。

「月に吠える」で有名な萩原朔太郎には、「青猫」という詩集がある。憂鬱や疲労、倦怠感、人生の不安低さを綴ったものらしい。マスターに聞いてみないとわからないけど、店名はここからとったのだろうか。

青い猫は、もしかしたら椅子の影に潜み、時にはマスターの肩の上に、そして夜の窓のすみに座っているのかもしれない。(ちなにみ青猫とはロシアンブルーのように、青みがかった猫のことを青猫と言うらしい。)

おいしいコーヒーを飲み、音の水の底でくつろぎ、不思議な夢の中に沈んでいく。青猫はそんな時間が過ごせる場所。この機会に詩集青猫も読んでみようか。ちなみに時々読書会なども催されているそう。興味のある方はいかがか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

まちよ

絵描き、日本美術院・研究会員。幼い頃から動物、植物、昆虫など小さく可憐な生き物が大好き。日々の暮らしをクロッキーや水彩で綴ってます。私の作品を集めた公式WEBサイトもご覧ください。