長久手ヴァイスベーレンにて、秋のスイーツ渋皮モンブランを頂く。

長久手市にある、WeiB BEEREN(ヴァイスベーレン)というケーキ屋さん併設のカフェに行ってきました。「長久手温泉ござらっせ」のすぐ近くですが、通りからは見えるのはお 店の裏側で、入口は回り込んで反対側にあります。見晴らしの良い2階のカフェからは、のどかな田園風景が見えます。

渋皮モンブラン画01

ケーキセットの誘惑に駆られ

ケーキセット

秋の味覚といえばやはり栗。入った瞬間すでに「渋皮モンブラン」に目が釘付けに!栗に目がない私、つやつやと焦げ茶色の栗様は金粉をまとわれ、その神々しさに目まいが!というわけで、お姿に目が眩んでケーキセットを注文することにしました。セットには紅茶かコーヒーがついて、¥950です。他にもケーキ屋さんならではのクレープのセットやプリンが乗ってる変わったかき氷など、心惹かれるセットメニューがありましたよ。

二度おいしい?

テーブルの花

まずは食べるのをぐっと我慢して、しばしクロッキー。しかし見てじっくり味わうつもりが、もたもたしていると添えられたバニラアイスがどんどん溶けていくのが気になる!見て美味しい、食べて美味しいと2度味わうつもりが、もはや食べたいだけになってきました。

渋皮モンブラン、予想どおりで美味しかったです。食べたい気持ちをこらえて描いていた分、確実に美味しさが増したのでは?そしてケーキを堪能後、残りの コーヒーをいただきながら、テーブルに飾られた小さなお花を描いてみました。四角い、ぽてっとした形のガラス瓶も可愛いです。

お店の全景

ヴァイスベーレン長久手

お店の正面です。ランチタイムを外して訪問しましたが満席で、席が空くのをちょっと待ちました。ランチはもっと混んでたのでしょうね。広くて止めや すい駐車場が、来たときはいっぱいでした。1階の焼き菓子コーナーに長久手の茶葉を使った焼き菓子があり、これはお土産にするのに良いと思ったのですが、 私にはあまり合いませんでした。お店の人お勧めの、洋菓子屋さんならではのカステラなどはどんな味なのでしょう?ぜひ試食したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

まちよ

絵描き、日本美術院・研究会員。幼い頃から動物、植物、昆虫など小さく可憐な生き物が大好き。日々の暮らしをクロッキーや水彩で綴ってます。私の作品を集めた公式WEBサイトもご覧ください。