使用する山芋は日本原産。足助の自然に囲まれた場所で、産地、無農薬や無添加など素材にこだわったとろろ庵さんで、自然薯とろろごはんを食べてきました。テラス席はワンコOKです。

足助の古い町並みからほど近い場所。

名古屋からグリーンロード力石ICから香嵐渓へ向かう途中、右側にあります。足助からの帰りに以前、自然薯豆腐のお土産を買って帰ったお店です。

今日は、お昼ご飯を食べに寄りました。

駐車場は広く、外のテラス席では、ワンコ同伴OKです。さすがに暑い日だったので、うちのコ達はお家でお留守番。

食券を自販機で購入して、席に着きます。カウンターとテーブル席が2つのこじんまりとした店内。売店では、自然薯の豆腐やがんもどき、厚揚げ、海老団子などが売っています。

素朴さがいい感じの自然薯料理

焼き鮭自然薯とろろごはん

焼き鮭の身はふっくら。少し焦げ目の焼きたての風味と青じそがたまらない。自然薯とろろは粘りが強い感じ。滋養がありそうです。

自然薯とろろざるそば

お蕎麦屋さんじゃないからって、侮れません。ちゃんとしたお蕎麦。

自然薯とろろごはん(小)

定番のとろろごはんのセットの小盛りです。うちのおばあちゃんは量が丁度いいと喜んでいました。シンプルなだけに、自然薯ご飯の美味しさはこれが一番わかるのでは?

どのセットにも小鉢がついてきて、しかも美味しい。普通盛りは900円、小盛りは690円。このお値段、お値打ちでしょ。

こだわりの自然薯料理専門店

山口県と宮崎県の自然薯農家から取り寄せる、無農薬、無化学肥料の自然薯。自然薯豆腐に使用する豆は、愛知県産のフクユタカ。豆腐を固めるにがりには、石川県能登半島の天然物のにがり。保存料や不要な食品添加物はいっさい使わない、体に優しいものを手作りするというこだわりぶり。

そもそも自然薯、山芋、大和芋、長芋って、どう違うの?どうやら、山芋という種類はなくて、自然薯、大和芋、長芋すべてひっくるめて山芋というらしいのです。自然薯は日本原産種、大和芋は南方原産種、長芋は中国原産種で、その中でも一番粘りが強いのが自然薯だそう。とろろ芋というのは、この山芋たちをすりおろしたものの総称ということ。

意外な場所で、たまたま入ったお店でしたが、足助を訪れる時は、立ち寄りたい場所の一つになりました。

豊田市WORK BENCH Coffee Roasters(ワークベンチコーヒーロースターズ)日本初、米国ジッタリージョーのコーヒーが飲める古民家カフェ

2018.06.15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

まちよ

絵描き、日本美術院・研究会員。幼い頃から動物、植物、昆虫など小さく可憐な生き物が大好き。日々の暮らしをクロッキーや水彩で綴ってます。私の作品を集めた公式WEBサイトもご覧ください。