脇道にあるセレンデュピティな出会い、隠れ家カフェ亀ゴージュと手作り雑貨店cherche(シェルシェ)。

愛知県豊田市の小原村向かい、国道419号沿いを走っていると、小さな気になる看板を発見。一瞬カフェかと思い、とりあえず細い脇道へそれると「handmede、zakka」の文字が。シェルシェという小さな雑貨のお店でした。

手作り雑貨、cherche(シェルシェ)。

通りから一歩入ると、森の小路?と思われるような魅力的な道の手前にこの看板がありました。ちなみに駐車場は数台、お店の前にあって停めやすかったです。

お庭のオリーブの木とローズマリーに迎えられて、ジャンクガーデン風の建物の中へ。

白が基調の店内は、壁一面に木が張られていて、温もりある空間。こんな自分だけの隠れ小屋があったらいいなぁ。そして好きなモノに囲まれて暮らしてみたい、なんてね…。

シェルシェさんに置いてあるのは、アクセサリーや雑貨、置物や飾りなどの小物類、服などで、ハンドメイドが主流です。訪問したこの日も、奥から制作するミシンの音が聞こえていました。

服は人気のリネンの生地で作られたワンピース、エプロン、ブラウスやパンツといった、ナチュラルで着心地の良いもの。お値打ちでビックリしました。

しかし今回は暖かな、裏ボアのマフラーを手にお会計へ。大量生産品にはない温もりを首に巻き、この冬のお供とすることにしました。そして春になったら、その時は絶対リネンのワンピースをゲットしよう。

cafe亀ゴージュ。

シェルシェの感じの良いオーナーに、近くに美味しいコーヒーが飲めるお店はないでしょうかと聞いたところ、即答で、あります、とのお答え。すぐ近くにカフェ亀ゴージュという、元々は東郷町にあったお店があるのだそう。早速いただいた地図を片手に行ってみることにしました。

カフェ亀ゴージュ
住所 豊田市深見町水戸369-231
TEL  0565-98-0491
営業 9:00~18:00
定休日 水、木

地図と、不思議なオブジェのような看板の案内でたどり着いたカフェ亀ゴーシュは、小高い丘の上にありました。お洒落な店内と、山を見渡せる絶景ビューが、もはや何のご褒美かと思われるくらい、お宝発見の気分です。

お店のイチオシは、自家焙煎珈琲と自家製パン。ランチは、スープランチ、サラダランチ、ホットドッグランチ、クロックムッシュランチ、全てに飲み物がついて730円。サンドイッチ、パン、ケーキのテイクアウトもできるそうです。

ケーキもとても美味しそうだったのですが、マフィンを注文しました。珈琲はモカ。香りがフルーティーで美味しいです。マフィンもふんわり柔らかくて、ホッコリとした甘さ、好みです。でも次は、ぜひランチを食べに来たいです。

旅は寄り道が肝。

小旅行やドライブといっても、目的地巡りと帰路で終わってしまうと、何か重大な忘れ物をしたような気分になります。ちょっと気になるから立ち寄ってみた、そんな些細な好奇心に素直に反応できるかどうかで、旅はより面白くなるのではないかと思うのです。

知らない場所に行き、知らない人と出会い、知らないことをやって、知らない自分を見つける。スマホを片手に東海地方をあちこち廻って記事を書くことで、旅の仕方にも変化が起こることを目下体験中。皆様にもおススメな旅の方法の一つです。

東の絶景淡紅色と紅、秋の小原村は四季桜と紅葉が山を埋め尽くす。

2016.12.05

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

まちよ

絵描き、日本美術院・研究会員。幼い頃から動物、植物、昆虫など小さく可憐な生き物が大好き。日々の暮らしをクロッキーや水彩で綴ってます。私の作品を集めた公式WEBサイトもご覧ください。