守山区 mori cafe(モリカフェ)、ソーダ水のなかに池を見ていた午後♪

mori cafe(モリカフエ)さんは、森林公園を過ぎた北側、大久手池の畔にある、北欧風カフェです。自家製パンと手作りスイーツの美味しいお店です。




大久手池の畔に立つカフェ。

池の畔というと、ほの暗い印象の場所もありますが、ここは小高い開けた場所ならではの明るさがあって、気持ちのいい所です。お店の御主人もこの場所が気に入って、今年3月にopenされたとのことです。風通し良く日当たり良好、こんなところに家があったらなぁ。

カウンター席は、窓に面していて目の前に池が見えます。季節がら木が茂っていますが、池とその上に広がる空を見ながら、ひとりぼんやりもいい。外にはすでに赤とんぼ?が飛び交っていました。季節の移り変わりも楽しめそう。

白とブルーの明るい壁、北欧風インテリア。

北欧風の明るい店内。表の看板に、「17席の小さなお店なので、5名様以上の席はありません。」と書かれていましたが、意外にゆったりとしていてくつろげます。

このブルーと白の壁は、食べ物、飲み物がインスタ映えしそうです。そして気球の照明が可愛い、このお店に似合ってる。

自家製パンと手作りスイーツ。

無添加ソーセージのホットドッグブランチ

岡山県から取り寄せる、桜の木でスモークされた無添加ソーセージを、自家製のコッペパンにサンド。相方によれば、ソーセージの香りが良くて美味しいそうです。コッペパンは小麦胚芽入り。

お店のパンは国産小麦、胚芽パンなどで店内で焼かれたものだそう。この日も焼きあがった美味しそうなパンが、お会計のカウンターに並んでいました。

カフェラテ

コーヒーも、豊田市のCOFFEE PLANTさんから届く、スペシャルコーヒーを使用されているそうです。カフェラテも美味しかったですよ。お茶のおともに、もれなくオレンジのケーキが付いてきたのも女子には嬉しいサプライズ。

カボチャチーズケーキ

旬のカボチャのチーズケーキです。カボチャの優しい甘味とチーズが、手作りならではの、ほっこりする美味しさです。材料がちゃんとしている味というか。癖になると説明されていたブルーチーズと洋梨のチーズケーキも、ちょっと食べてみたかった。

南極クリームソーダ

夏季限定メニューの南極クリームソーダです。ソーダが目に涼しく爽やか、氷山の上にちょこんと乗ってるペンギンも可愛い。さてさてどこから食べようか、でも迷ってるとアイスが溶けちゃって、ペンギンがおぼれるよ。

ちなみに海の青い色は、天然由来の色素とのことで、安全なものにこだわられているのですね。

ソーダ水のな~か~を~、貨物船がと~お~る♪

クリームソーダ

オイルパステル画

ソーダ水のな~か~を~、貨物船がと~お~る♪

これは、ユーミンの海を見ていた午後の歌詞ですが、ご存知でしょうか。1974年、まだ荒井由実時代に作られた曲で、歌詞にでてくる「山手のドルフィン」には今でもファンが訪れるらしいです。

この三浦半島を見下ろす丘の上に立つレストラン・ドルフィン、実際に訪れた方によると、歌われているようなソーダ水の中に貨物船を見るのは少し無理なようで、ソーダ水も、ファンからの要望を受け、歌のイメージを元に作られたというのだから驚きですよね。

短い歌詞のなかに、切り取られた風景と場面が見事に印象に残る、名曲は年月が経っても色あせませんね。

店舗情報
  • mori cafe(モリカフエ)
  • 住所:名古屋市守山区上志段味東谷2074-74
  • 電話:052-870-5863
  • 営業時間:営業時間/10:00~18:00
  • 定休日:月曜日、第2・4火曜日
  • タバコ:完全禁煙
  • 最寄り駅:高蔵寺駅から1,647m
  • 駐車場:有り。7台

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

まちよ

絵描き、日本美術院・研究会員。幼い頃から動物、植物、昆虫など小さく可憐な生き物が大好き。日々の暮らしをクロッキーや水彩で綴ってます。私の作品を集めた公式WEBサイトもご覧ください。