折り紙にはない色と、花びらの柔らかさを出すために、和紙(美濃和紙)を使って折ってみました。リアリティ追及のため今回ご紹介するのは、難易度が高いと言われている、佐藤直幹さん考案の五角形で折る薔薇です。水彩絵の具で着彩すれば、好きなバラの色を自由に作ることができますよ。




和紙で折る薔薇(佐藤ローズ、五角形)

細かい作業となるため、紙の大きさは、30センチほどのものが作りやすいです。私は中途半端ですが、27センチで作り、仕上がりはだいたい7センチほどの中輪のバラになりました。

正方形の紙を折りたたんで、ハサミでカット。正方形の精度が低いので五角形もあまり正確ではありませんが、ほぼ良しとして開始。

水彩絵の具で、フレンチローズにあるような派手めなピンクに着色。

折り目を付けます。

裏返し、中心をねじって、折り目を倒します。

表側はこんな風になります。

折り目を順番に折り上げていきます。

全て折り終わると、こんな感じになります。

花弁の山をそろえていきます。

そろえたら、下側にも折り目を付けます。(写真では、指でつまんでいる花弁の反対側の部分)

上は見るとこんな感じ。バラの花の中心部、渦巻きができています。

裏から見たところ。

下の花弁を上に折り上げていきます。この角度が難しくて、何度もやり直すこともありました。

最後の花弁を折り上げたら、底の部分を内側に折りこみます。

花弁を順番に、破かないようにめくっていきます。

竹串で花弁の先端を、クルっと巻いて雰囲気をだします。

形を整えたら出来上がりです。

私は下手くそなので、花弁をめくっていくときに、底の部分が外れてしまいました。告白しますと、最終的にのりで接着するという、荒業でとめてあります。

バラの折り紙の試作群。

理想の折り紙ローズを求めて、いろいろ試してみました。ここにあるのは、四角形で折る佐藤ローズと五角形で折る佐藤ローズ。様々な紙とサイズで折り、失敗作も多々排出。

佐藤ローズ四角形。

左が15センチ角の普通サイズの折り紙で、両面に色がついているものです。仕上がりは約6センチ。

右はちぎり絵用の和紙で楮紙で、サイズは18センチ角です。赤1色で、色の濃淡がついたもの。仕上がりは約6.5センチ。

佐藤ローズ五角形。

左がちぎり絵用の和紙で、サイズは18センチ角のものです。黄色とオレンジの2色のグラデーションがついたもので、仕上がりは約5センチ。

右は15センチ角の両面色付きの折り紙です。サイズは15センチ角。仕上がりは、約4.5センチです。

クロッキー帳を破いて、24センチ角の正方形を作り、そこから五角形を切り出して作ったもの。

五角形にした段階で、左のみ中心部分に着彩。水彩で薄いピンクを塗ってみました。仕上がりサイズは約6.5センチ。

和紙は、柔らかくて折づらい面もありますが、比べてみると紙よりも折り目が目立たず、自然に見えますね。

ネットで調べて、額と葉も折ってみました。組み合わせて本物のバラのように飾ってみたくなります。

バラの殿堂入りした、ピエール・ドゥ・ロンサールちゃん?

こたつで折り紙ローズ沼

ことの発端は、こたつに入ってネットサーフィン、川崎ローズを見つけてしまったことから。動画を見ながら折っていたら次第に楽しくなってしまって、折り紙ローズのディープな沼にハマってしまいました。そしてさらなるリアリティを求めて深みにハマり、佐藤ローズ四角、とうとう難易度の高い佐藤ローズ五角まで折ることに。

いつの間にか私のこたつエリアには、家族も驚くバラの折り紙の山。ピエール・ドゥ・ロンサール風のバラだとか、ブラックティ風のバラだとか、果ては紙選び、色付けにこだわりはじめちゃったものだから始末におえません。

ひとしきりこの熱が冷めるまで、秋の夜長にこたつで折り紙。しかしこのバラの山、どうする?

佐藤直幹さんの折り紙の本

今回のイマジンは、作り方ではなく体験なので、不確かでいい加減な所があります。詳しい折り方は、ぜひ佐藤直幹さんの本を参考にしてくださいね。実際購入してみましたが、折り図とDVDの動画までついていました。他にも五角形から折るユリやハイビスカスなども掲載されていて、しばらくこの本と格闘して遊べますよ。

佐藤さんのバラは、ガーデンローズからハイブリッドティローズ、ニューローズ、バラのつぼみなど魅力にあふれています。どうやったらこのように難解なバラの折り方をあみ出せるのしょうか。紙一枚で、こんなリアルなバラが作れるのが本当に驚きです。

念のため、それでもまだ折り方がよくわからない方のために、下記の動画も載せておきますね。(注:佐藤直幹さんご自身の動画ではありません。)

2 件のコメント

  • 初めまして。私も佐藤ローズの本が出る前から、折ってきてます。佐藤氏ご本人からもご指導いただき、実際の結婚式でブーケを作らせていただき使っていただいたこともあります。あなた様がおっしゃるように美濃和紙があるので、どうやって使おうか紙質,強化の仕方など試行錯誤を繰る返し今に至っています。数年前の佐藤ローズに知り合い今も魅力に取りつかれています。

    私も岐阜市に住む東海人。お役に立てることがあればお話しさせてくださいね。ちなみに、来週の水曜日に講座を開きます。

    • 始めまして。本格的に佐藤ローズを極めていらっしゃる方に、お恥ずかしい限りです。本物に近いバラを折りたいと、ネットや本を探し、たどり着いたのが佐藤ローズでした。一枚の紙から、こんなにも精巧なバラができるとは!
      折り紙とは本当に奥が深いですね。

      これからも興味をひかれたやってみたいことを、力およばずながらも綴っていこうと思っています。今後ともよろしくお願いします。コメントいただきありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    まちよ

    絵描き、日本美術院・研究会員。幼い頃から動物、植物、昆虫など小さく可憐な生き物が大好き。日々の暮らしをクロッキーや水彩で綴ってます。私の作品を集めた公式WEBサイトもご覧ください。