名古屋池下の戸田屋、ここのきしめんを食べると幸せな気分になる。

名古屋の名物、ういろう、味噌カツ、味噌煮込みうどん。それに比べ、やや印象薄めのきしめんですが、ただ薄っぺらいうどんと侮るなかれ。麺、汁、鰹節、シンプルなだけに誤魔化しが効かず、美味しいきしめんが食べられるお店は少ないです。こういうお店って「食べログ」ではなかなか発見できませんよね。

極めて普通なうどん屋さんに見えるが…

戸田屋さんは、池下駅から徒歩15分、愛工大名電高校のすぐ近くにあります。隣のお弁当屋さんを過ぎて、道を挟んだ向こう側には、駐車場も2台用意されています。御夫婦で営まれているこじんまりとしたお店で、毎度足を運ぶ常連の方も多いように見受けられました。

きしめん定食

きしめんというと、麺を平らに伸ばした分、食感がフニャフニャして柔らかく、腰のあるうどんが好きな人には残念と思われがちですが、こちらのはモチモチしていて食べごたえがあります。まさにシンプル・イズ・ベストの極み、やや濃いめの醤油味のおつゆが、この平ぺったい麺に良く絡んでいて絶妙、くせになりそう。

定食にはチキンカツがつきます。実はこのチキンカツ、鶏の臭みもなく、サクサクで美味しいと人気なんですよ。

親子丼

親子丼にはジューシーな鶏肉がゴロゴロ入っていて、ボリュームがあります。ご飯も多めでお腹いっぱいになりました。きしめんも美味しいけど、久しぶりに食べた親子度も美味しかったです。これぞ庶民の味。

心の籠った、幸せ食堂。

戸田屋さんで味噌煮込みうどんを食べたこともありますが、これも美味しいんです。何を食べても手抜きがないというか、夏にはお蕎麦を注文するお客さんもいて、そのワサビも、サメ皮で、すっている姿をお見かけしました。うまいものを食わせたい、御主人のそういう気持ちがお料理の中に入っているので、食べると幸せな気分になれるんですよ、きっと。

名古屋には、下町に生き残っている昔ながらのお店が少ないです。考えてみれば、お肉屋さんの揚げたてコロッケとか、時間はかかるけど、注文してからサンマを焼いてくれる食堂とか、昔はどこにでもあった地元商店街もなくなりましたよね。

イマジンでは、こだわりを持ってモノづくりをする人々を応援し、取材してまわりたいと思っています。行ってみたら、ちょっと幸せになれた場所、食べ物など、個人的な目線ですが、これからもご紹介していきたいと思いますのでよろしくお願いします。

戸田屋
名古屋市千種区若水3-3-9
TEL 052-721-5575
定休日 木曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)