ひるがの高原のコキアが見頃との情報から、おばちゃん3人、これを見逃してはならん!と生き急ぐかのごとく、早速向かうことになりました。

郡上の杉ヶ瀬ヤナで鮎料理を食す。

やな

でその前に、まずは腹ごしらえ。長距離ドライブといったらやっぱりこれは必須でしょ!検索上手なお友達の一人が、食べログ4つ星の鮎料理屋さんを守備よく予約。途中の高速で渋滞し、すみません、遅れますとお電話するも、お店の方の感じの良い対応に、小心者ゆえにほっとするおばちゃんたち。

アユ料理

注文したのは、鮎の塩焼きに鮎飯です。セットメニューもあり、Aセット¥3500、Bセット¥5000。鮎フライに鮎田楽、鮎の煮つけに鮎の塩焼き、締めは鮎雑炊か鮎飯かを選べます。Bセットは鮎が大きいです。炭火で焼かれた鮎は、長良川の天然もので新鮮。身がホクホクで、私、黙々といただきました。ちょっと鮎田楽も食べてみたかったかもね。

アユごはん

そして、こちらが鮎飯です。ほんのり醤油の風味の鮎の炊き込みご飯、思っていた通り美味しかったですよ。

スケッチ1

私以外は皆、おすすめのお雑炊。やはりとても美味だったそうで、皆さま大変ご満悦でいらっしゃいました。鮎さん、ありがとう!

宇宙生物チックで可愛いじゃん!

コキア2

ぽんぽんぽんぽん、お行儀よく並んでいます。どっか別の惑星におばちゃんたちは来ちゃったのか?う~ん、何かににてるなぁ、時々緑色のもいるけど、これに目をつけてっとー、もしかしてモリゾーさん?キッコロさんですか?

コキア3

さてさて、この不思議可愛いコキアさん、実はホウキギとも呼ばれていて、枝を束ねてホウキとして昔から利用されてたらしいです。売店にもホウキになったコキアが¥500で売られていました。そしてなんと、食べられるんだって。若い枝はおひたしに、果実も食用、薬用として利用できるとか。一年草だから晩秋に枯れるけど、強風で地面から抜けると、丸いまま転がって種をまき散らすこともあるらしいですよ。つくづく最期までユニークな植物ですね。

スポット情報
  • ひるがの高原コキアパーク
  • 住所:岐阜県郡上市高鷲町ひるがの4670-75
  • 電話:0575-73-2311
  • 営業時間:開園:夏秋 7月中旬~10月下旬 8:30~17:00 開園期間は天候等の影響により変更する場合があります。
  • 定休日:
  • 料金:大人500円 子供300円※子供料金は4歳以上小学生以下

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

まちよ

絵描き、日本美術院・研究会員。幼い頃から動物、植物、昆虫など小さく可憐な生き物が大好き。日々の暮らしをクロッキーや水彩で綴ってます。私の作品を集めた公式WEBサイトもご覧ください。