南欧料理アンジュさんは、本郷駅から東の方に歩いて5分ほどの住宅街にあります。地元では昔からある洋食店として人気があります。




隠れ家的なレストラン。

歩いていると住宅地にポツンと現れる浮き輪の看板。まるでヨーロッパの港町の路地裏あたりに存在する、ディープなお店みたいです。ちょっと見つけにくい場所ですが、ちゃんと駐車場もお店の斜め前あたりに数台用意されています。ただし一方通行なので、車だと東から回り込まないとたどりつけませんのでご注意を。店先には今日のランチメニューが出されていました。

絶品ランチは、お値段もお手頃価格。

あぶらのないロース焼きかつやヒレ焼きカツもきっと美味しいに違いないと思いながら、3つあるランチメニューの中から、パスタランチとハンバーグのランチをチョイス。

しかも驚いたのはパスタランチの価格。しかも生パスタですよ!サーモンとほうれん草のクリームパスタなら、絶対美味しいと期待満々です。そして練らないハンバーグと添加物なしのデミグラスソースってどんな風なの?非常に興味をそそられます。

玉ねぎの冷製スープ

冷たくて口当たりがよく、どんどん進みます。玉ねぎのうま味がたっぷりのクリーミーで濃厚なスープ。

サラダ

野菜がお美味しい。しかもドレッシングが絶妙でした。家でもこんなドレッシング作れたらいいのにな。

パン

名物ガーリックフランスパンが人気なのですが、こちらはノーマルなフランスパン。パリパリ皮で中ふんわりの美味しいパンでした。

ほうれん草とサーモンのパスタ

これはクリームソース好きにはたまらない一品ではないでしょうか。ソースがサラリとしているのにコクがあり、塩味が旨みを引き出していて、いい加減で効いている感じです。やはりサーモンとほうれん草とクリームソースの組み合わせは鉄板なのでは?

練らないハンバーグ

ナイフを入れるとジューシーな肉汁が!

手作りのデミグラスソースは、思ったよりさっぱりとした味わいで、胃もたれもしなさそう。でも充分お肉の美味しさをひき立てていました。こちらもおススメの一品。

創業以来、伝統のプリン。

創業当時から作り続けられているデザート、プリンです。このすべすべツルツルお肌を見てください。スプーンで壊してしまうのがもったいないくらい。一口食べると、見た目どうり舌ざわりも滑らかで、非常にクリーミーです。

なめらかプリンというか、パンナコッタなのか、はたまたブラマンジェなのか、その区別がなかなか難しいですが、アンジュさんでは、30年以上出し続けているデザートなのだそうです。ちなみに相棒のシャーベットはマンゴーでした。こちらも当然ながら美味しかったです。

お店に満ちる、時の流れ。

使い込まれたお皿やカトラリー類、綺麗に磨き上げられていました。時を経た道具が、大切にきちんと整えられ、お迎えする人を待っていました。

たぶんこれは、長い間ごく普通にここで続けられてきたことなのでしょうが、こういった地味で、気づかれないほどにサラッと行われているおもてなしが、カッコイイなと感じ入ってしまいました。

コルクが壁を埋めています。おそらくお店で開けられたワインのコルクではないでしょうか。ご店主が自ら貼られているそうです。来店するたびに、思わずどこまで貼られたかが楽しみになってしまいますね。

気さくに集える場所、南欧家庭料理。

最近では、欧風家庭料理などの看板を良く見かけますが、30年前の名古屋では、フランス料理、スペイン料理、イタリア料理などと言ったお店に分かれていて、少し高級な、敷居の高い感じのレストランが多かったように思います。

アンジュさんでは、フランス料理をベースに、南ヨーロッパ全般、パスタやリゾット、ブイヤベースなどといった垣根のないお料理なので、南欧料理としてお店を始められたのだとか。格式高い感じではなく、誰でも仕事帰りにふらりと立ち寄れるような場所、今でいうバルみたいなお店の、先駆的な存在だったかもしれません。

お昼は、ランチの奥様方に混ざって、年配のおじ様方もいらっしゃいました。昔からの常連の方なども多い、落ち着いた雰囲気のアンジュさんです。

店舗情報
  • 南欧料理 アンジュ
  • 住所:愛知県名古屋市名東区本郷3-68 東豊ビル 1F
  • 電話:052-773-9264
  • 営業時間:11:30~14:30(L.O14:00)17:00~22:00(L.O)
  • 定休日:月曜、第一火曜
  • タバコ:完全禁煙
  • 最寄り駅:地下鉄東山線本郷駅から東へ徒歩約10分
  • 駐車場:有10台

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)